アタの買付~バリ・トゥガナン村へ~

こんにちは!

 

7月も最後になりましたね~早い!

シーズン真っ盛り、バリ島にはたくさんの人が遊びに来てます。

 

私も久しぶりに観光、ではないけれど、

先日、バリ島の東のトゥガナン村へ行って来ました。

D563771B-F659-4948-BE09-47DAA3CFC652

何年ぶりかに来たら、入口がすっかり整備されてきれいになっていました。

ここでは、バリの先住民と言われるバリアガの人たちが暮らす村の集会所や

今のバリの住居とちょっと違うバリアガの暮らしを見学できます。

 

それにしても、、遠かった~~~汗

事務所のあるクロボカンから車を走らせること、2時間。

日本で2時間というと、そう遠くもない気がしますが、

バリだとなぜかすごく遠かった感があるのがバリの不思議の一つ。笑

普段小さいと思ってるけど、意外と広いからかな。

 

 

さて、この村でアタというかご細工が作られています。

image6 (1)

日本でも人気があるので、見たことある方も多いと思います。

アタというのは植物の名前、その茎を細かく編んでいきます。

最後に虫がつかないよう燻されて完成するのですが、

この燻製の匂いが私はとても好きです。

細かく編まれたかごは、とっても高級感があります。

 

image1 (2)

丁寧に作られたかごは、100年持つと言われているほど。

ゴミ箱も品のあるインテリアに。。。◎

 

A9CD9C59-840F-45BA-9F9B-FC9C22618BCC

と、せっかく遠くまで行ったので、たくさん買って来ました!

どれも使いやすそうな大きさや形を選びましたよ~

日本ではなかなか見ない特大サイズも!

 

 

おばちゃんが店番をしながら、織物をしていたので、

ちょこっと見学させてもらいました。

624410FC-010D-46B6-8100-7783B269FA55

この村のもう一つの伝統工芸、グリンシン。

ダブルイカットと言われる裏表ちゃんと柄が入った絣の織物、

もう作業が細かすぎて、見ているだけでもふらふらしそうでした。。

藍を何度も染色すると、こんな赤になるそうですよ。

さすがバリアガの村、いろいろと奥が深いです!

 

 

 

 

満足なお買い物ができて、遠くまで来てよかった!

DE6CF6E5-FDB2-4564-82A0-375C24E65F78

さあ、来た道を帰ります。

 

アタのかごたちは、これから送り、

いつかどこかでお披露目しますので、お楽しみに。

 

 

 

 

 

yoliko

 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です