アメリカ買付3~真鍮スタンピングの工場へ~

こんにちは!

 

 

先週に引き続き、アメリカの真鍮工場をご案内します。

先週の機械の写真ではなかなか伝わりませんが、こういう木箱には古さがでますね。

C552E160-C223-4143-B331-A31D3DC3CE4B

アメリカでの真鍮パーツ生産が盛んだったのは、

たぶん中国が世界の工場となった けっこう最近までのこと、

それでも、2件訪ねた工場は2~4件合併して営業していました。

 

6C58FA69-E3F4-4F60-9BF7-D08BDCC79A70

スタンピングはいつも新しく生産されるけど、

ずーっと使い続けられる型の中には、

100年ほど前にイギリスから持ってこられたものもあるのだとか。。

 

型に歴史があるのは、チェコガラスと似てるなぁ◎

いつの時代に見ても、いいって思える、

そんなアイテムを身につけられるって、うれしいですね!

 

 

こちらは、ストックルーム↓

3D64F12C-5A99-48C7-B4B9-69F9EC3266DC

インスタでビデオをアップしましたが、これが何列も続くんですよー!

 

D605FF9C-24E7-4087-A1F5-EB7FCD18A842

そして、各ボックスにさらに数種類、たくさん入っています。

 

18F00DF4-4B74-4E9F-BA8A-8882C9AD5153

そのため、選んだものの中には、長くストックされていて、

黒ずんでしまったものも。。。(個人的にはいい感じ!と思ったりもするのですが、、)

バリでも真鍮の鋳造パーツを作っていますが、良くも悪くもこれが真鍮の特徴。

 

 

 

急きょ、近くのコーティング屋さんを訪ねました。

9532A377-35A0-473A-AEEA-04B52168C56E

79F1AE48-9FB9-4467-8FEA-3A0EA959589C

ゴールドプレートのサンプル↑

 

個体差がなくなり、きれいになるのはいいけど、値段が高くなっては残念。

写真は取り忘れたのですが汗、見た目も変わりなくきれいで安い

ラッカーコーティングを勧められ、それで対応することにしました。

 

 

そして先日、とってもきれいになって日本に届きました◎

これで安心して、他のモデルも発注していきますので、ご期待くださいね♪

 

 

 

yoliko

 

*ご注意*

水や汗でコーティングが取れてしまえば、酸化は始まります。

お取り扱いにはお気を付けください。

黒ずみが気になってきた場合には、お酢につけたりすることで、

きれいになりますので、詳しく説明されているサイト等をご参考に

お試しくださいませ。

 

 

 

 

 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です