Dua・Pita・Rottiの歩き方〜DuaからPita編〜

 

こんにちは!DuaのMihoです。

〜RottiからDua編〜に続いて、

一番近距離の姉妹店DuaからPitaへ行く方法をご説明します◎

 

 

まず、こちらがDua。
(〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院1丁目7−16 アロージョ薬院)

9AC0E54A-EC54-4EBB-ACC9-121AEDCBFB3B

 

Duaを出て左を向いて進みます。
(上の写真、右側の方向ですね)

 

写真には映っていませんが、
左角にはeelさんというガラス張りアンティークの家具屋さんがある交差点があります。

 

 

こちら同じ交差点の、左奥角と右奥角。

5DCCA435-88C4-422F-AF91-27B34D872208

煉瓦造りの赤いルーフは、
20数年という老舗の〈サエラ〉さんというハンバーグステーキ屋さん。
ランチもディナーもopenされています。

店内も昔ながらの洋食屋さんという雰囲気がとってもすてきです。

 

この交差点はまっすぐ通り過ぎます。

 

 

次に、この交差点にあたります。

9B3686F7-4DD7-43EC-9FE1-5F4EA89EEBDC

右手前の角、ワインレッドのルーフは、
夜のスイーツカフェの〈mic comercy(ミックコメルシー)〉さん。
(〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院薬院1−14ー18)

13:00から深夜0時まで開いているお店。

 

10席ほどの店内ですが、
まったく窮屈に感じない、いつも穏やかで朗らかな空気が流れている。
お店のワークショップのお茶菓子でもいつもお世話になりつつ、
個人的にもとてもお世話になっているお店。

83379C69-5B12-4400-9F29-D2CA00352927

コーヒーやケーキも美味しい。
ときに大人の味だなと思うことがある。

でも背伸びせずに、大人を堪能できる空間。

カウンターに座って店主のミックさんとの会話がとても好き。
7割なんでもない話だし、ちょっとおふざけがはいるけど、
3割まじめな話をしたり、よく見てくれていて、感謝です。

7E55A9B4-B627-4872-8436-C1971E671260

私の愛する季節のパフェ。このときは苺。

いまの時期は冬のドリンクのホットチョコレートもおすすめ。
あたたまりますよ。

 

あ!!とっても長くなってる!!!

Duaの近くへいらした際、
お時間許す方はぜひミックさんにもお立ち寄りくださいね。
毎週火曜日と第2、4週目の月曜日はお休みのようです。

 

 

さて、戻ります。

9B3686F7-4DD7-43EC-9FE1-5F4EA89EEBDC

この交差点を左に曲がってください。

 

 

少し歩くと、左側にファミリーマートが見えます。

7C820288-565C-4029-9148-33273CE7D38E

もう少しに道なりに歩くのですが、
このあたりで反対側の歩道に渡っておくことをおすすめします。

 

そうすると、

B1683172-43F3-4D09-AA83-80AA4BDF2D69

ケーキ屋さんの〈Regent(レジャン)〉さんの看板が現れます。

 

 

そして、

D63A9FCD-E179-4E84-B70A-D94195D995E7

その左が、Pitaです。
(〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉2丁目3−9)

 

ちょっと覗いてみましょ。

62251246-85CA-4A76-8D2D-8DD442F15977

ああ、かわいい。

 

Pitaはリボンの専門店、
たくさんのリボンやレースが揃っています。
スタッフが作ったリボンを使ったアクセサリーも見応えあります◎

 

ですが、それだけではありません!

チェコガラスパーツ(ボタンやビーズ、カボション)や、大小様々なタッセル。
DuaとRottiにはない少しお高めながらすてきなボタン。
作家さんやヴィンテージのブローチやアクセサリー、楽しいですよPita。

 

すべての店舗でアクセサリーのオーダーをお受けしておりますが、
Dua〜Pita〜Rottiではそれぞれの店舗で購入したパーツのお持ち込みオーダーができます。
例)PitaでDuaのボタンとPitaのリボンを使ったイヤリングのオーダーができる。
ということです。

 

DuaとPitaは歩いて3分。
以前の平尾のときと比べると、ぐっと近くなりました!

 

 

「薬院って、行ったことないからわからないな・・・」

「リボンってどう使うかわからないしな・・・」

「博多駅の8階まで上がらないな・・・」

 

いろんなお声があるんだろうなと思います。
でも、よかったら、まずぜひ足を運んでみてください。

それぞれに、それぞれのよさや色があります。

パーツたちも違うものばかりが並びます。

 

その上で、「Duaが好き」「Pitaが好き」「Rottiが好き」「全店舗好き」

どれもうれしいなと思います。

もちろん、どうぞ用途によって使い分けてくださいね。

 

どこに行っても楽しんでいただけるようなお店ありたいな、と常々思っています。

これは大阪も同じです。

 

 

今日も皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

 

Miho

 

追記

この歩き方は、また別ルートからもご紹介できればなと思っています。
どうぞお楽しみに!!!

 

【Dua・Pita・Rottiの歩き方シリーズ】

①〜RottiからDua編〜
②〜DuaからPita編〜

 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です