バリのお盆、ガルンガン。

こんにちは◎

先週に引き続き、お祭りウィークのバリ島より、

今回もアクセサリーのことは置いておき(笑、

ガルンガンのことをご紹介したいと思います。

 

 

ガルンガンは日本でいうお盆で、ご先祖さまが戻ってくる日。

11日後にクニンガンという帰っていく日もあります。

先週のニュピ(バリ正月)のサカ暦とは別のウク暦によるのですが、

ウク暦の1年が210日なので、バリのご先祖さまは日本より頻繁に

長く戻ってくるみたいですね^^ (詳しくは他のサイトで。。)

 

お迎えするのに、目印としてペンジョールという竹の飾りを立てます。

IMG_8001[1]

こんな飾りです。 (看板が見えずらくなっていて、スミマセン!)

お店にはご先祖さまはいないので、本当は必要ないのですが、

隣の大家さんがペンジョール屋さんなので、なんとなく作ってもらっています。

今年のは赤いタッセルがかわいくて大満足◎

 

 

と、隣を見ると、、、、

IMG_7997[1]

でーーーーーん!

ものすごいゴージャスなのが立っていて、写真奥に見えるお店のが貧弱に見える。。。

 

数週間前から、オーダーのものも含めてとてもいそがしそうだったのですが、

IMG_7952[1]

IMG_7954[1]

 

いや、見た目じゃない、気持ちが大切、と言い聞かせた昨日の夕方。笑

快晴の今日の朝、たくさん白い正装をしてバイクで行きかうひとを見ながら、

またすがすがしい気分になったのでした。

 

 

yoliko

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です